自分の魅力をしっかりアピール!オーディションで緊張しないためには

事務所の求める路線に合わせよう!オーディションの極意

自分の魅力をしっかりアピール!オーディションで緊張しないためには

照明

オーディションに受かる人の特徴

多くの場合一次審査は書類選考です。大きなオーディションほど数多くのエントリー用紙が届くため、「自己PR」と「個性」そして「写真」がポイントとなります。
面接まで進んだら
・自分を表現できる服装(スタイルがよく見える服装や自分に似合うカラー、思い切った変わった柄も目立ちます)
・挨拶は大きな声で
・マイナスな情報は伝えない自己PR
事務所によってそれぞれ求めている路線があります。事務所に合わせたオーディションでのキャラ設定も必要です。

赤ちゃんモデルに応募する際に親が気をつけておきたい事

面接するときでなく、待ち時間の態度や声をかけられたときなどの仕草などもスタッフの方々に見られています。緊張からつい待ち時間にはリラックスしてしまいますが、会場にいるときには「見られている」ということを意識しておくことが肝心です。赤ちゃんモデルは、人見知りやはじめての場所でも、緊張や興奮状態に陥ってしまうこともあります。子供をリラックスさせながら、泣き出さないように気を配ります。

一般的なオーディションの流れ

多くの場合、書類審査にて応募者の見極めを行います。書類審査を通過すると、自己アピールや質疑応答などの二次審査が行われ、次に三次審査に進んでいきます。三次審査では、最終決定者(演出家や事務所関係者など)による面接が行われますが、大規模オーディションの場合にはさらに審査に進むこともあります。

初心者にオススメしたいオーディションでアガらない方法ランキング

no.1

事前準備をしっかり行い、当日にコンディションを合わせる

準備不足は緊張に繋がるため、当日を意識した準備は徹底的に行います。本番さながらのリハーサルを繰り返し行います。

no.2

いつも通りの行動や習慣を取り入れる

いつも通りに行うことができると緊張をせずに「自分」を出すことができます。いつも通りの行動や習慣をルーティン化しておくことによって本番への緊張を和らげることができます。

no.3

リラックス状態を作る

・呼吸を整える
・ストレッチで緊張をほぐす
・大きな声を出して緊張状態を開放
などリラックス状態を作り上げていきます。

no.4

笑顔になって場を楽しむ

緊張しても、その場を楽しむために「笑って」みます。緊張を楽しめるメンタルがあると、場の雰囲気に飲まれることがありません。

no.5

ポジティブに開き直る

出来なくて当たり前、失敗してもしょうがないなど、開き直ってしまいます。諦めといってもネガティブではなく、ポジティブに自分ができることを行うという気持ちで臨むと緊張が和らぎます。

オーディションを受ける上で大事なこと

オーディションを受ける事務所が求めている人材を見極めることが大切です。求める人材を見極めると、自己PRをするときに必要なことがわかってきます。自己PRで自分の魅力を出しながらもオーディションで求めている人材になっているかは重要です。

広告募集中